<夏越大祓> なごしのおおはらい   6月下旬

 

半年の間に知らず知らずの内に身体溜った罪・穢れ・痛み・苦しみを祓い、

残り半年を元気に過ごせるよう祈るお祭りです。

 

皆んなで大祓詞を奉唱した後、「茅の輪」をくぐり、「人形(ひとがた)」

に自分の「罪障痛苦」を遷して、神社前の伊佐々川から琵琶湖に流します。

 

「人形(ひとがた)」に遷した「罪障痛苦」は、その後琵琶湖から瀬田川

ー宇治川ー淀川と流れて、大海の海底にある「根の国・底の国」に運ばれ、

最後は「速佐須良比売(ハヤサスラヒメ)」という神さまによって遠くの

遠くまで運ばれて皆さまの「罪障痛苦」を取り除きます。

 

伊砂砂神社 夏越大祓
伊砂砂神社 夏越大祓
伊砂砂神社 夏越大祓

夏越大祓(なごしのおおはらい)スライドショー